社会にイイコトしたい

“ネズミ捕り”の法則

2016年2月6日

 

このカテゴリでは、社会問題の解決に貢献するようなアイデアの法則性に特化してまとめます。

 

まずご紹介するのは、解決したいと思っていてもなかなかアプローチしにくい犯罪者や被害者に対して適切に接触し、対策を講じる“ネズミ捕り” の法則です

 

 

 

児童買春の犯人を1000人以上特定!“Sweetie”が示す問題解決の可能性

 

まずは、世界最大規模の広告祭「カンヌライオンズ2014」にて、社会貢献度が高いアイデアに贈られる「グランプリフォーグッド部門」を受賞した事例を。

 

インターネットが広く普及した昨今、様々なことが可能となりましたが。

しかしその技術は、必ずしもいいことに用いられるわけではありません。

 

 

たとえば、児童買春。

 

先進国の人々がビデオチャットを利用し、発展途上国に住む幼い子どもたちを買春しているという悲しい事実があります。

FBI等によれば、毎分75万人もの児童性愛者がオンライン状態にあり、フィリピンだけでも1万人もの子どもたちが買春されているそうです。

 

 

そんな状況を前に、児童買春撲滅を訴えるオランダの団体「Terre des Hommes」が立ち上がりました。

 

しかし、こうしたサイバー系犯罪は犯人の特定が非常に難しく、現にこれまでに有罪判決を受けた児童性愛者はたった6人しかいませんでした。

 

 

こちらから犯人に直接アプローチするのは、非常に困難。

 

であれば、児童性愛者の方から接触したくなるような“何か”を仕掛けて、彼らが集まったところを一網打尽にできないか――?

 

 

そんな考えから生まれたのが、人間と見間違うほどの高精細なCGでつくられた女の子、“SWEETIE”でした。

 

「フィリピンに住む10歳の女の子」としてネット上の様々な違法チャットルームに登場させ、ビデオチャットを通じて児童性愛者との接触に成功したのです。

 

 

スウィーティー1

 

sweetie2

 

‘Sweetie’ for Terre des Hommes from Lemz on Vimeo.

 

 

結果、2万人以上の児童性愛者に接触。

 

この活動により、国際刑事警察機構を動かすことにも成功して1,000人以上の犯罪者の特定に至ったそうです。

 

 

最近、CG技術を活用して「まるで本物?!」と紹介される女子高生の動画なんかも話題になりましたが、こうした技術を社会問題の解決に応用し、実際に成果まで挙げた素晴らしい事例だと思います。

 

そして何より、今後ますます増加するであろう、サイバー犯罪への対策としても、一石を投じているところが興味深い。

 

手慣れた犯罪者は何台もサーバーを経由してクラッキングや違法取引を行うため、「受け身の防御」だけで身を守り、犯人を特定して裁くのは現在の技術においては困難を極めるといいます。

 

 

そこで“SWEETIE”が示した、「攻めの防御=おとり捜査」の可能性。

 

ここでは、より一般化するために“ネズミ捕り”の法則と名付けましたが、つまり、こちらからのアプローチが難しい以上は、おびき寄せるためのエサを用意し、集まったところを捕獲する、という対策方法が考えられます。

 

 

スクリーンショット 2016-02-03 13.07.18

 

 

次では、特定しにくい「犯人」ではなく「被害者」にこの法則を応用した例を見ていきます。

 

 

 

非合法移住労働者に正しい医療を届けた“The Red Cross CANpaign”

 

日本ではなかなか馴染みがない問題ですが、世界には“非合法”でその国に移住して働く人も大勢います。

しかし彼らは、身分を明らかにすると強制送還されていまうため、正規の医療機関を受診することができず、ヤブ医者・闇医者にかかるより他ないという現実があります。

 

 

この問題に目をつけたのは、デンマーク赤十字です。

 

ですが、非合法労働移住者といっても母国語は多様で、さらにマスメディアにもインターネットにもアクセスする習慣がないといいます。

そんな彼らに対して、彼らのための診療所を開設することを伝える必要がありました。

 

 

ここで考えるのが、さきほどご紹介した“ネズミ捕り”の法則です

 

彼らが、彼らの生活圏内において、つい引き寄せられてしまう「エサ」とは何なのか。

 

 

デンマーク赤十字が見出した答えは、空き缶でした。

 

日本のホームレスの方々もそうですが、公園などのゴミ箱を漁って空き缶を集める姿はよく見られますよね。

非合法移民労働者も同じで、捨てられた空き缶を拾い、リサイクルできる空き缶を集めて換金することで生計を立てている方が多かったのだそうです。

 

そこで実施された施策が、“複数の言語で『無料かつ匿名で受診できる診療所が開設されました』とのメッセージを記載した空き缶をゴミ箱に入れておく”というもの。

 

 

缶1

 

缶3

 

 

この施策は狙い通り、多くの非合法移民労働者に接触して診療を促すことに成功したといいます。

 

 

缶4

 

The Red Cross CANpaign from Konstellation on Vimeo.

 

 

この事例では、空き缶を活用して「被害者」に対してネズミ捕りを仕掛けた構図ですが、先ほどご紹介した“SWEETIE”でも、同様の方法で問題解決がなされていると思います。

 

 

ネズミ捕り、と聞くと非常に古典的な方法に思えてしまいますが、人間関係や社会構造が非常に複雑化した現代においては、“エサを撒いて一網打尽にする”という課題解決の手法は非常にワークする可能性を秘めているのではないでしょうか。

 

 

 

“ネズミ捕り”の法則で、音楽や動画の「違法アップロード&ダウンロード問題」を解決することは可能か?

 

映画泥棒1

 

 

これまでの事例をご覧いただけた方々であれば、たとえば、音楽や動画の「違法アップロード&ダウンロード」問題にも、この“ネズミ捕り”の法則が活用できそう、と思いつかれるかもしれません。

 

 

1.音楽や動画の違法アップロード&ダウンロードが快適にできるWEBサービスがローンチして(=エサ①)

 

2.さらに同時期に、有名な音楽アーティストのPVを容易に変換可能なセキュリティでアップロードして(=エサ②)

 

3.サイトを活用してみたが最後、過去の違法アップロード&ダウンロード経歴が参照されてしまい逮捕される(=ネズミ捕り)

 

 

といった具合です。

 

あまり詳しくないのですが、3の操作方法自体に違法性が伴ってしまう場合には、サイトアクセス者にタグ付けをして、追跡バナー広告で「先ほどのあなたの行為は違法です、次は見逃しません」と訴求するような、少し優しめの取り組みでも十分機能するかもしれません。

 

(どこにそういうトラップが仕掛けられてるかわからない、と思うだけでも十分抑止力になります。)

 

 

 

あまり活用の幅は広くないかもしれませんが、犯人や被害者の特定が難しい場合にはこの“ネズミ捕り”の法則を活用することで、現行犯逮捕や適切な情報提示を行うような取り組みが今後増えていきそうな気がします。

 

 


 

※その他の類似施策は、以下URLにまとまっていますのでご参考ください。
1